Matcha maker top view
Cuzen Matcha Maker making freshly ground matcha

千利休の時代から
挽きたて抹茶は最高のおもてなし

抹茶パウダーが業界標準になる前は、茶人が直前に石臼で茶葉を挽き、客人を挽きたて抹茶でおもてなしていました。

挽きたての味

トップシェフが語る、挽きたて抹茶

Eijiro Tsukada  塚田英次郎

カイル コノートン

Single Thread (ミシュラン三つ星レストラン)

オーナーシェフ
Healdsburg, CA

「私のチームのシェフとソムリエたちはCuzen Matchaのフレーバーに衝撃をうけました。ピュアなお茶の味と香りは素晴らしく、茶葉のポテンシャルを引き出す飲み方は特筆すべきものです。Single ThreadのホテルでもCuzen Matchaの抹茶マシンをゲスト用に置くことにしました。」

Eijiro Tsukada  塚田英次郎

山崎 信

Sushi Taro
オーナーシェフ

Washington DC

「Cuzen Matchaには豊かなフレーバー、甘さ、そして適度な苦味のコンビネーションがあります。そのバランスは非常に素晴らしく、驚くほどフレッシュです。抹茶マシンもとても美しいので、お客様から見える寿司カウンターに置いています。」

挽きたての色

鮮やかな色は挽きたての証

挽きたて vs 抹茶パウダー

Eijiro Tsukada  塚田英次郎

Preserved at 73°F (23°C) for 2 months

茶葉と比較して抹茶パウダーは表面積が大きくなるため、クロロフィル(緑色の素)の量が低下し、早く酸化します。そのため酸化しやすい抹茶パウダーは黄色味がかかった色となります。

挽きたてで抹茶のフレーバーを最大限に楽しもう

挽きたて VS 抹茶パウダー

Eijiro Tsukada  塚田英次郎

23度の3ヶ月間保存した場合

コーヒーが粉の状態で保存するよりも、豆の状態で保存した方がフレーバーを長期で楽しめるのと同じように、抹茶も抹茶パウダーで保存するよりも、茶葉の状態で保存した方が抹茶のフレーバーを最大限に楽しめます。

挽きたての効果

挽きたては抗酸化物質も豊富

挽きたて VS 抹茶パウダー

Eijiro Tsukada  塚田英次郎

37度で2ヶ月間保存した場合

抹茶の茶葉と抹茶パウダーを2ヶ月間保存した場合、抹茶パウダーと比較して、抹茶を茶葉で保存した場合、高いレベルの抗酸化物質 (ORAC* 値)を保持します。

*Oxygen Radical Absorbance Capacity (抗酸化物質)